FC2ブログ

Home > 2016年09月

2016年09月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

夏の思ひで 大山登山

夏も終わりに近づいて、やっといろいろなことが落ち着きつつある今日この頃。

今年の夏の思ひでを振り返ってみます。

まずは、大山登山 です。


大山(だいせん)は日本の鳥取県にある標高1,729mの火山で、鳥取県および中国地方の最高峰である。
角盤山(かくばんざん)とも呼ばれるほか、鳥取県西部の旧国名が伯耆国であったことから伯耆大山(ほうきだいせん)、
あるいはその山容から郷土富士として伯耆富士とも呼ばれる。古来より日本四名山に数えられた。
日本百名山や日本百景にも選定され、鳥取県のシンボルの一つとされている。

登山コースは複数あり、北側斜面を登る「夏山登山コース」と「ユートピアコース」が
地元自治体により一般に紹介されている。
夏山登山コースは佐陀川の源流となっている行者谷の西側尾根を登り、弥山に至るルートで、
初心者向きとされている[12]。ユートピアルートは行者谷の東側尾根を経て、
標高1,516mの三鈷峰付近にあるユートピア避難小屋に至るルートで、上級者向けとされている。

・・・・とwikiではなっています。

今回は、薬局の仲間4人(山頂で友人一人に遭遇、帰りは5人)

で夏山登山コースにて登山を楽しみました。

しかし、なかなかこれが、わかっていたけど、大山は手ごわい。

なにせ、一合目からずっと石段、石階段で7合目くらいまでは平たんな

場所はほとんどなし。

8時に登山開始して、往復6時間近くかかりました。

ふつうの、ランニングシューズで挑戦しましたが、

帰りはさすがに登山靴でないときびいしいかなと思いました。

登山のセミプロ(年間30回くらい大山に登山)に引率してもらったので

説明をしてもらいながら、お昼のカップラーメンの道具を

一通り担いでもらいながら、トレッキングポールの貸し出しをしてもらながら(笑)

彼がいなければ、遭難または途中下車していたかもしれません。

大山クラスになるとポールとトレッキングシューズは必須ですね。

ただ、下山中5合目くらいにすれ違ったケラケラ笑いながら山頂でコーラ飲みたいと

いっていた若い山ガール(山ギャル?)はビーサンでした。まじで。ビックリしました。


IMG_0879.jpg

IMG_0883.jpg

IMG_0891.jpg

IMG_0894.jpg

Home > 2016年09月

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。