FC2ブログ

Home > 2013年08月

2013年08月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

辛~い夏大根収穫

夏大根を収穫しました。


六月に植えた夏大根を収穫しました。

写真

この大根がまた、、鬼の辛さで・・・とても生では食べられない代物でした。

なんども挑戦してみたけど、胃が悪くなりそうなくらいの辛味。

水にさらしてもダメ。浅漬けにしてもダメ。

一応、キムチにする予定だったので、塩で漬けてダメなら・・廃棄かなとおもっていました。

daikonnJPG_201308031045590c4.jpg

漬けて一日置いたけど、やっぱり駄目で・・・残念ながら捨てるか・・と思っていた矢先

職員の一人が、ちょっと熱湯につけてみようとの提案で4.5分、つけてみると

なんと不思議・・・辛味が抜けました。

ちょっと、苦味がありましたが、食感も煮るわけではないので、残っていて・・

水分を絞って、キムチにしたり、醤油漬けにしたりおいしく頂けました。

もったいない・・の気持ちで、あきらめないでよかったです。ほんと。

kimu.jpg


tuke.jpg

そして、びっくりの美味しさだったのが、大根餅。

通常は、大根おろしを入れるみたいですが、今回は湯どうしした大根を刻んでいれて・・

小麦粉と片栗粉でもちもちの食感でした。レンコンも摺って隠し味で入れてあるそうです。


daikonnmoti.jpg


なかなか、良い大根収穫祭りでした。



ちなみに、辛味の成分について調べたのでのせてみます。

ちょっと、お休みして、また秋には生田農園でなにか栽培開始します



※大根おろしの辛みは、辛み成分アリルイソチオシアネート(芥子油)によるものであるが、この物質は、そのままの大根の中には存在していない。イソチオシアネートは大根をすりおろしたり切ることで、細胞が壊れると初めて化学反応により生成される。そもそも大根中の別々の場所に存在していたイソチオシアネートの前駆物質(グルコシノレート、芥子油配糖体)とミロシナーゼと呼ばれる酵素が、細胞が壊れることにより混ざりあい、イソチオシアネートを生成する化学反応を起こすことによる。イソチオシアネートの前駆物質は根の先端部分ほど含有量が多く、葉に近い部位の約10倍にもなる。また若い大根には多く、成長するにしたがって減少する。そのため辛い大根おろしには夏大根がより適している。(Wikiより)

だそうです。








Home > 2013年08月

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。